性病(性感染症)の症状(男性と女性で感染部位や症状が違う)

心当たりがあったり、性行為の後に何か普段と違う症状があるともしかしたら性病?と思われることも多いかと思います。

性病の症状は、病原体の種類や個人の体調により症状には様々な種類がございます。

男性の症状は、尿道の違和感や膿が出たり、排尿痛や性交痛が多いとされ、女性の症状では、おりものの色や臭いの異常や排尿痛や下腹部痛、性交痛などが多いとされます。

男性が尿道の痛みや不快感があると、淋菌感染症やクラミジアの可能性があります。

女性のおりものの色が白い場合は、カンジダ症、緑色の場合はトリコモナス膣炎、緑色で下腹部に痛みがある時はクラミジアの可能性も考えられます。

代表的な症状を例示しましたが、多くの性感染症は症状が出ない事も多いので検査を受けないと判明しないことがほとんどです。

このように症状が出ないことから感染者が気づかずに、パートナーに感染させてしまい、病院で治療してもどちらかが感染していると再度感染させてしまうピンポン現象と呼ばれる現象も起きてしまいます。

性病は粘膜の接触により感染するので、性行為やオーラルセックスなどの心当たりがある場合は感染リスクはゼロではありません。

また、性病はクラミジアや淋菌感染症は喉にも感染するので、膣による性交が無くても感染してしまう事を覚えておきましょう。