海外の風俗は想像以上にルーズ 性病に対する意識がないのか?

   2017/07/01

私が25歳の時(今から5年前)に韓国に出張した時の事、韓国の風俗を利用したのですが、1週間ぐらいたった後に排尿時に痛みがあり、怖くなったので病院に駆け込むと淋病と診断されました。

私は風俗が大好きで、日本にいる時もよく利用するのですが、病気に等なった事がなく、マジでパニックになりました。

一応病院に行く前にネットで調べたのですが、淋病の場合は、基本尿検査だけでいいということでしたので、行ってみましたが、私の場合は、念のためと言われ患部をじかに診察しました。

看護婦さんもいたのでホントに恥ずかしかったです。

正直、何科を受けていいのかわからなかったので、総合病院に行き、受付で病状を説明して、泌尿器科をすすめられました。

治療には、バナン錠という、抗生物質をとりあえず2週間服用しました。

一応、その時点で、違和感はなくなり、医師からも治ったとお墨付きを頂きました。治るまでの間は、SEXや風俗利用はもちろんの事、怖くてオナニー等の行為も一切しませんでした。

治療費については、早期だったという事もあり、検査代、薬代、診察代で6000円程度で済みました。

おかげさまで、完治後は、何事もなくすごせています。

完治した後も、風俗は利用してました。ただし外国人のいるお店は利用しないようにしてます。また海外旅行での風俗利用は、絶対しないようにしてます。

ただ、最近では抗生物質の聞かないスーパー淋病なんていうのもあるらしく、それが怖いので最近は、風俗利用すらしてしてません。

検査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。