女友達と性交渉をした後にクラミジアと淋病になりました

   2017/10/24

男性です。私が性病になった時は24歳の時でした。淋病とクラミジアを同時に患ってしまいました。

私はその時は女遊びを良くしていたのですが、その時もSNSを切っ掛けに知り合った女性と、コンドームを付けずに性交渉をしてしまいました。

そうすると、1週間も経たない内に陰茎から白い膿のようなものが出るようになって、排尿する時も痛みが伴うことになりました。

これは大変だと感じましたので、すぐにインターネットを利用して症状を検索しました。そうすると淋病だということがすぐに分かったので、自分で治療することは無理だと考えて病院に行きました。

検査キットがあることは知っていましたが、すぐに治療したいと考えましたので病院に行くことにしました。

病院は近くにある泌尿器科に行ったのですが、症状を言うとすぐに淋病だと言われましたので、病院に行った初日には詳しい尿検査と、淋病を治療するための点滴を受けました。

そうすると白い膿はすぐに止まったのですが、1週間後に病院に行くと淋病とクラミジアを同時に患っていたことを知らされました。

その後はクラミジアの薬をもらってそれを飲んだ後に、また1週間後に病院に行きました。

その時に初日に行った検査をして、さらに1週間後に行くと淋病もクラミジアも完治していることが分かりました。

生活自体はあまり変わりませんでしたが、病院には4回行くことになりました。期間は1か月くらい掛かりましたし、費用は検査が高くて合計で10000円くらいは掛かりました。

その後は気を付けて生活していましたので、性病になってしまうことはありませんでした。性交渉をする時は、必ずコンドームを付けるようにしています。

検査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。