パートナーからクラミジアをうつされました

   2017/11/24

私が初めて性病にかかったのは21歳の時で、付き合っていた彼氏から感染しました。

病院で医師から告げられた病名は、クラミジアでした。

この病気は、無自覚なことが多いと聞きますが、私の場合は卵巣が腫れて大きくなり症状が現れました。

下腹部の強烈な痛みと寒気と吐き気もあり、最初は内科へ行ったり夜間に痛みに堪えられず救急外来で診てもらいましたが原因が分からず、婦人科への受診を勧められてようやく病名が分かりました。

当時は彼としか付き合っていなかったので、彼の浮気も発覚したので辛かったです。

医師からは卵巣が腫れているので仕事を休んで自宅で安静にしているように言われました。

会社に出す診断書に、クラミジアと書かれると困るのですが医師が病名を性病とは書きませんでした。

治療は、飲み薬と毎日点滴に通って2週間ほどでなんとか落ち着き、治療費は2万円ほどですみました。

2週間抗生物質を飲んで、点滴に通って、卵巣も通常の大きさまで戻ることができましたが、クラミジアが原因で卵管が詰り、不妊治療をすることになってしまいました。

避妊具をつけずに性行為をしていたのが感染してしまった原因です。

絶対に避妊具をつて性行為はしなければならないと思いました。

検査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。